Home > タイル張りの家

タイル張りの家 タイルのある暮らし

タイル張りの家なら塗り替えなどのメンテナンス費用が不要です。

30年、50年と長く暮らしていく家づくりを考えるとき、ランニングコスト(維持費)という大切な要素を忘れないでください。一般的なサイディングや塗装で仕上げた家は、劣化・退色・ひび割れなどが生じて補修や再塗装などのメンテナンスが避けられません。その費用は毎回約80万~100万円にもおよびます。最初の費用に差はあっても、長い目で見れば結局タイル張りの家が断然お得といえます。

■一般的なサイディングや塗装の家

約10年〜15年後には・・

約20年〜25年後には・・

「乾式工法」でタイル張りがさらに手軽に、身近に!

タイル張りの乾式工法は、工期の短縮・コストセービングに加え、耐震性などの面からもすぐれた工法として、新築・外装リフォームにどんどん普及しています。

接着剤張り工法

専用の下地に接着剤でタイルを張る工法。接着力が強く、硬化した後もある程度の弾性がある接着剤を使用しますので、地震などがあっても剥がれやひび割れがしにくい工法です。

引っ掛け工法

専用の下地ボードの突起にタイル裏側の溝をかみ合せ仕上げる工法。施工能率がよく、モルタル張りと比べ軽量であり、耐震性にすぐれています。また、高耐久住宅である高断熱通気工法の採用が容易です。

「乾式工法」で外装リフォーム!

「乾式工法」によるリフォームなら、大掛かりな解体工事なしで家が生まれ変わります。 短い工期と低コストが可能な乾式工法で、外装を一新してみてはいかがでしょうか。

リフォーム前

リフォーム後

タイルでペットとの暮らしを快適に

ペットとの暮らしにおいて、床タイルは最適な素材です。
床タイルはフローリングなどに比べ滑りにくい素材であり、小型犬の膝にかかる負担や、大型犬の股関節にかかる負担を軽くします。また、ペットと暮らしていると、抜け毛や粗相などさまざまな汚れが床にこびりつきますが、床タイルはこうした汚れが染み込みにくく、落としやすいのでお掃除が簡単です。さらに、犬や猫の爪より硬いタイルは、引っかいても傷がつきにくいため、キレイが長持ちします。

床の滑りやすさ

オンライン受験タイル検定11月1日スタート


Q-CAT制度・申請・認定製品検索はこちら

フォトコンテスト結果発表

タイル何でも相談 お問い合わせタイルに関する、あらゆるご相談にメールでお答えいたします。

よくある質問
タイル基礎編
機能タイル編
お手入れ編
リフォーム編
その他