Home > 話題のタイル

話題のタイル

タイルはどんどん進化しています。

外壁の汚れを雨で洗い流す、セルフクリー ニングタイルがあります。

もともとタイルは汚れにくく、メンテナンスの容易な建材ですが、ナノ親水などタイル表面に親水機能を持たせたり、電荷移動酸化還元触媒という電子レベルのテクノロジーを応用し、汚れを固着させる+・-電子を無力化させるなど、各メーカーが独自の防汚タイルを開発しています。
これらのタイルは、ホコリや排気ガスなどの汚れをつきにくくしたり、汚れ自体を雨水などで流れ落ちやすくしてくれます。

呼吸する壁タイルもあります。

「多孔質」という性状を持つ内装タイルが商品化され、注目を集めています。このタイルの大きな特長は、「調湿・消臭」機能。湿気の多い季節には吸収し、乾燥時期に放出します。この機能によって、冬場の結露、夏場のカビ・ダニの発生を抑えることが期待できます。また、シックハウスの原因となるVOCも吸着して、健康的な住空間創造に役立ちます。
最近では、銀イオンを配合することで匂いの元を分解したり、抗菌・抗カビ性能を持った製品も出ています。

すべりにくく安全な床タイルがあります。

これから住まいのキーワードは「バリアフリー」。高齢化が進むライフスタイルへの大切な配慮です。タイルメーカーもこうしたニーズに応える、より安全で快適な製品開発に取り組んでいます。例えば浴室用の滑りにくい床タイル。タイルの表面にミゾや微細な突起の加工を施したタイルで、滑りの原因となる水膜をなくす工夫で、格段の滑りにくさを実現しています。

冷たさを感じない床タイルがあります。

寒い季節、素足でお風呂場に踏み入れた時の「ヒヤッ」とする感じは瞬間的な血圧上昇につながり、とくに高齢者には要注意とされています。そんな「ヒヤッ」と感を解消した床タイルが販売されています。 タイル内部に細かな気泡の保温層をつくって足裏に温かさを感じさせます。お年寄りのいるご家庭はもちろん、長い年数を共にする住まいの快適化に、ぜひおすすめしたいタイルです。
※タイル表面を5℃に設定し、右足を「温感タイル」に、左足を普通のタイルに5秒間のせた後、足裏の温度分布をサーモグラフィーで表した映像。右足の方が冷たさを感じていないことがわかります。

地球温暖化対策にも効果を発揮します。

壁面用タイルの表面に角度を付け太陽光を跳ね返し、気温の上昇を抑えるタイルが開発され、ヒートアイランド対策として期待されています。 また、床用タイルでは、雨水や散水を吸収したくわえることができる保水性タイルがあります。これは微細な気孔から水分を徐々に蒸発させ、表面温度の高温化を防いで、涼しい状態を保つことが可能なタイルです。

オンライン受験タイル検定11月1日スタート


Q-CAT制度・申請・認定製品検索はこちら

フォトコンテスト結果発表

タイル何でも相談 お問い合わせタイルに関する、あらゆるご相談にメールでお答えいたします。

よくある質問
タイル基礎編
機能タイル編
お手入れ編
リフォーム編
その他